大手企業へ転職する前に知っておくべきこと

大手企業に就職するメリットとデメリットを知っておこう

大手企業に就職するメリット

メリット1:充実した福利厚生

法定福利と法定外福利の両方を備えた大企業は、社会の中でも特別な地位にあり、それは給与だけではなく、福利厚生も含めて考えると、大企業で働くことの恩恵は、一般的な企業には比べてかなり大きなものになります。

福利厚生は、社員の保険、給料、社会保障、年金、退職金、その他の費用等を会社から負担する制度である。

会社が社員に必ず提供する制度のことで保険制度がこれに当てはまります。

一方、法定外福利は、これ以外で会社ごとに制度化された福利厚生のことで、大企業の場合、これが充実していることが多いです

  1. 社宅
  2. 独身為の寮を用意
  3. 家賃補助
  4. 食事・通勤補助
  5. 出産手当金
  6. 企業退職金制度
  7. 企業優待サービス
  8. 他手当

また、企業によっては「企業型確定拠出年金」など、大手企業の従業員のみが加入を許されている厚生年金などの制度も存在します。 大企業では、平均的には3万円前後の支給が各種配当によって見られます。

メリット2:中小企業より安定した収入が見込める

大企業では、割高な給与の待遇があるのは統一されているため、給与に関する心配や不安はなく、安心して働けます。また、給与以外にも、賞与も大企業では比較的厚い制度があります。

賞与や福利厚生は毎年決まっているため、給与に関する心配や不安はなく、安心して働けます。 また、賞与や福利厚生以外にも、社会保険や社会年金の制度もしっかりしているため、将来に備えることができます。

大企業で働くメリットの1つとして、安定している会社で働けると考えています。

ある統計によると、大企業の平均給与は、それぞれ「メーカー」は490万円、「コンサル」は622万円、「大手不動産」は446万円となっています。

基本的に「大企業の給与」は平均よりも「高い方が多い」ということでした。

つまり、「大企業で働くことはもっとも良い給料を得られるということ」が言えます。

大企業では、「年収」ではなく「1年間で得られる収入」を考えることができます。 それは、給料を上げることによって、残業代も上がっていく、トータルで1年で得られる収入が上がることです。

メリット3:自己成長・キャリアアップが有望

大企業では、新たに社会人となった方は基本的なビジネスマナーを研修といった形で教えてもらうことができます。

また、中小企業では教育制度があまり充実していないので、新たに社会人となった方は社内で自分で調べざるを得ないというところがあります。

そのため、新たに社会人となった方は一度は大企業で就職してみるのも良いかもしれません。

大企業で働いていれば、以下の成長が見込めるのではないでしょうか

  1. ビジネスマナーを習得できる
  2. 人脈を広げることができる
  3. 自分のキャリアに向けたアドバイスを受けられる
  4. 成功体験により自信をつけられる
  5. 大企業内でのキャリアアップが見込める

また、あなたのキャリアに向けてのアドバイスは、大企業で働いている方や上司からも受けられます。

大手企業に就職したらデメリットもある

デメリット1:イノベーションが起きにくい

大手企業に就職したら良くないところもあります。

日本で、社歴の長い会社が多い為、保守的な社風である大企業も非常に多い。

リスクを避けて安定志向の考え方を持っている経営陣が多いので、斬新なアイデアを持ったプロジェクトを進めるのは難しい。

また、大手企業は自社製品と外部のソフトウェアをコンビネーションにして動かすことが多く、 新規の導入を進めることは、担当者の都合や経営陣の都合などさまざまな事情から難しくなる。

デメリット2:個人能力を十分発揮し切れない

社風が保守的であるため、大企業は変革に対して抵抗している。 大企業は業績管理に徹底しているため、変革を積極的に進めることはできず、結果として業績が 上がらない。

大企業は多くの場合、個人の能力よりもチームワークを重視している。 個人の能力を発揮できる環境ではない。

結果として、大企業では、社内コミュニケーションが不足しているため、社員は一人一人の力で頑張っているが、 効率的なコミュニケーションを行うことができていない。

デメリット3:人間関係が固い

大手企業には人間関係が非常に固いです。経営陣に直接意見を申すことは難しい、何かありましたらすべて稟議という形で上げなければならない、そうすると意思決定の時間が中小企業より長い傾向になります。

大企業で働くことには、コンプライアンスや競争が厳しいというデメリットもあります。 また、大企業では、コミュニケーションがうまくいかない場合、広く人脈を広げることができず、競争率も高いため、落ちこぼれや辞める人が多くなる傾向があります。 そこで、大企業で働くことを検討する際には、福利厚生をはじめとしたメリットとデメリットをしっかりと比較しておくことが大切です。

まとめ

就職活動では、1度の会社選びでそれ以降のキャリアを決めるのではなく、 将来的にどんな会社に就職し、どんな職種になりたいのかを考える必要がある。 会社選びのポイントは、自分の能力に合った会社や職種を選ぶことである。 まずは、自分に合った会社を見つけるために、自分のやりたいこと、得意なこと、 苦手なことを書き出してみると良い。