20代未経験がIT業界に転職する方法

プログラミングが分からないけど、IT業界に転職できる?

IT業界に入りたいですが、全然経験がない、でも可能性はありますか?

という疑問を持つ方に、ズバリ答えます:「全然可能です。」

特に、20代の方はまだ若いので、キャリアの再形成でもしやすい、IT業界に興味を持っているなら、今がチャンス!

一番大きな理由は「IT業界全般的に、人材が足りない」

DX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉は最近よく耳にしますよね。コロナ中で「日本のデジタルが遅れている」類いのニュースは前より多くなってきたとも言えます。社会各界はいかに業務をデジタル化にできるかを苦心しています。

まだ記憶に新しいのは2021年中、あの有名なメガバンクのシステムトラブルが連発して、利用者の中に大騒ぎになっていたことも何回も発生しました。これをきっかけに、各企業において経営陣が非常にシステム運用を一層重要視するようになりました。

こういう背景があって、予測可能な今後十数年以内に、日本でエンジニアが足りないという問題が続くでしょう。

出典元:経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」

今後の日本ではITエンジニアは間違いなく、人気のある職業の一つです。

20代の若者にとっては、もう一つ【特権】があります。それは

20代のポテンシャル採用が期待できます。

これは二つ目の理由です。

特に20代前半の方にとっては、経験よりは、ポテンシャルが重要視される傾向があり、若さは武器です。

1 20代未経験がIT業界に転職する魅力

1.1 IT業界の人材需要が今後も続く

情報技術によって引き起こされる社会の変化が加速している今、ITエンジニアの市場は売り手の市場です。一方、ITスキルを持った人材育成には研修と経験が必要となるため、短期間内でスケールアップは容易ではありません。

エンジニアが長期に渡って不足している背景があって、多くの企業は、ITエンジニアを必要としています。

1.2 実力・スキルによって給料が上がりやすい

エンジニアの世界では実力主義の世界なので、能力が高い方は会社にとって重要な存在となり、年収は自然と高くなります。IT業界ではスキルと給与ある程度連動しているため、技術と知識が多ければ多いほど、収入も多くなります。

実力のあるエンジニアは会社で重宝され、給料も上がりやすい

ITでの仕事成果は目に見える形が多く、理解しやすいものです。したがって、熟練度の低いエンジニアは、年収を簡単に改善することはできない、年収を増やす方法として、技術の腕を磨く、能力を高めること以外は難しいでしょう。

1.3 IT業界は他業界より平均年収が高い

IT業界には、他の職業に比べて全体的な年俸が高いという利点があります。

国税庁が実施した「令和2年度民間給与統計調査」によると、情報通信業界の平均年収は611万円、対前年比も2.1%の伸び率が記録されています。

出典元:令和2年分民間給与実態統計調査結果(国税庁)

この結果から、IT産業を含む情報通信産業は業種平均年収(433万円)を約180万円上回っていることがわかります。 IT業界では、マネジメントスキルを身につけることで転職後の年収をさらに高めることができます。

1.4  リモットワーク・私服も可能

働き方改革】が注目されている今では、在宅勤務が可能になることでワークライフバランスを実現できるようになりました。

リモートワークを実施すると、さまざまなメリットが労働者にもたらされます。 IT業界は、リモートワークの実装率が高いという特徴があります。また、自宅で仕事をしたい人にとっても魅力的な業界です。

会社に通勤しなければならないIT会社にも、私服で仕事をするのが多くのIT企業で認められています。本当に魅力な業界ですね。

2 20代未経験がIT業界に転職したら、よくある職種

2.1 プログラマー

プログラマーは、プログラミング言語を使用してシステムを開発する仕事です。またプログラミング作業は、SE(システムエンジニア)が作成した設計図書に基づいて行われます。場合によっては、プログラミング作業に加えて、テスト作業も行います。

したがって、プログラマーになりたい場合は、プログラミング言語を学ぶ必要があります。

よく使うプログラミング言語
  1. Java
  2. PHP
  3. Python
  4. Javascript

会社で使われているプログラミング言語を学べば、経験がなくても転職しやすくなります。プログラマーには、システムエンジニア、プロジェクトマネージャー、スーパーエンジニア等将来的な候補があり、昇進するルートが複数あります。

2.2 IT系の営業

ITの営業担当者は、会社独自の情報システム、サービスの提供や販売などを仕事とします。これは、顧客とITエンジニアの間に入り、両者をつなぐ役割を果たし、ソリューション的な提案を行います。コミュニケーションスキルの重要性が非常に突出しています。

ソフトや情報サービスの販売は、経験の浅い人々にとってもやりがいのある仕事と考えられています。また、前職で営業経験があれば、自分のスキルや経験を生かすことができます。将来的には、専門化されたITコンサルタントとしてのキャリアを目指すこともできます。

営業が得意で、ITの知識もわかる、そういう方には将来、独立して起業するのも一つの選択肢です。

2.3 Webマーケター

Webマーケターは、ブログ、SNS、動画サイトなどで商品やサービスを販売するのを仕事としています。

広告の効果を向上させるために、顧客を引き付けるのができるさまざまなマーケティング手法を使用して訪問者の数を増やさなければなりません。

データを分析できるさまざまなツールが用意されているため、ツールの使い方をマスターするのが重要ですね。

経験上、最初はツールに慣れるまではちょっと苦労するかもしれませんが、一旦分析ツールに馴染んだら、あとはパターンで動くことが多いです。

近年、ウェブマーケティングにはさまざまな方法があります。そのため、どちらもさまざまなツールを実行する必要があります。ウェブマーケターはGoogleAnalyticsの基本的な知識を必要としますが、経験がなくても、勉強すれば早いうちに上手になるケースが多いです。

3 20代未経験がIT業界への転職を成功させるコツ

3.1 将来の目標をしっかり定める

「何のために転職しようと考えていますか?」

「転職活動の最終的な目標は何ですか? 」

この疑問への答えがあなたが思った以上に重要です。

転職は手段であり、目的ではない

「入りたい会社に入る」と考えるのは一般的ですが、知ってほしいのは、それが目標ではありません。真の目標は仕事を通じて人生を豊かにすること。

理想の転職は、「自分のやりたいことを仕事としてできるようになること」または「自分のやりたいことに近づくこと」です。

どの分野のプロになりたいか?

仕事と生活のバランスをどう取るか?

そしてどのような人になりたいですか?

これを達成するための手段として「転職」があります。 転職活動を始める際には、まず「なりたい自分」を明確にすることが重要です。

「なりたい自分」が分かれば、「やりたい仕事」が分かるようになります。自ずと、「どんな会社に入りたいか」が分かってきます。

就職の面接では、「将来のキャリアプランについて教えてください」とよく聞かれます。来年のことを考えるのではなく、5年後、10年後の自分を考えて転職活動を始めましょう。

3.2 入念に事前準備をする

入りたい会社が望んでいる人物像から遠く離れているなら、その会社に雇ってもらうのが難しいでしょう。実際、事前に、会社に必要な人材を調査せずに面接を行い、転職に失敗するケースが多い。

IT企業に限らず、目標企業への研究は転職を成功させるためな重要要素です。会社のウェブサイトに掲載される企業経歴、事業内容を事前に理解したほうがいいでしょう。転職を成功させるためには、会社のニーズに応え、期待に応えられる姿勢を示す必要があります。

未経験がIT業界にスムーズに入るために下記2つの資格があれば、プラスになります。

  1. ITパスポート
  2. 基本情報技術者

3.2.1 ITパスポート試験

ITパスポート試験(略称:iパス)は、情報処理の促進に関する法律に基づき経済産業大臣が実施する情報処理技術者試験の一つ国家試験。

ITパスポートを取得するメリット
  1. 民間企業の入社試験・履歴書において、ITパスポート試験の合格者が採用判定で優先されることがある
  2. 企業における昇進等の人事評価でもITパスポート試験に合格することが評価材料になることがある
  3. 高等学校、大学(学部および大学院)、短期大学等では、入学試験での優遇や、入学後の単位認定の対象となることがある
  4. 国家公務員および地方公務員の採用条件・階級評価となることがある
  5. 750点以上獲得して合格した者は、ITコーディネータ(ITC)試験の選択科目の受験が免除される
  6. 工業高等学校および高等専門学校のジュニアマイスター顕彰制度では、ITパスポート試験の合格者には12ポイントが付与される

参照元:https://ja.wikipedia.org/wiki/

3.2.2 基本情報技術者試験

情報処理技術者試験は、「情報処理の促進に関する法律」に基づき経済産業省が、情報処理技術者としての「知識・技能」が一定以上の水準であることを認定している国家試験です。

 情報システムを構築・運用する「技術者」から情報システムを利用する「エンドユーザ(利用者)」まで、ITに関係するすべての人に活用いただける試験として実施しています。特定の製品やソフトウェアに関する試験ではなく、情報技術の背景として知るべき原理や基礎となる知識・技能について、幅広く総合的に評価しています。

情報処理推進機構

資格証は絶対条件ではないですが、やはりあった方がいいでしょう。特に未経験にとっては、自分が精いっぱい頑張ってきたことの証にもなります。

3.3 面接力を鍛える

3.3.1 面接で必ず聞かれる定番質問への対策

転職面接のときに最低限3つの質問がされます。

  1. 自己紹介
  2. 退職理由
  3. 志望動機

どう回答するかは個人によりますが、基本的なポイントを把握しましょう。

ポイント1:誠実に回答する

前職では何らかの不満があるから転職に至ることは面接官も理解している。特に何か隠そうとする必要がないです。自分の本音を吐くことは面接官に誠意を伝える効果もあります。

ポイント2:時間軸で論理的に話す

面接はある種のコミュニケーションテストにもなります。およそ1時間の面接中に、スキルと経験の話だけで、応募者の質を判定することではなく、コミュニケーションそのものが、相手の人柄が分かる。

「会社に入ったら、この人と一緒に仕事をしたいか?」、「相手が信頼できるか?」会話の中で、色々頭の中に想像しますね。場合によっては話の特徴が話の内容より重要視されることもあります。

特に時間軸で物事を申すと、相手に理解されやすい効果があります。IT業界は論理性を重視するので、論理的に話せるかが他者との差別化にもなります。

ポイント3:前職の悪口を言わない

なるべく誠実に話しましょうとアドバイスしていますが、前職の悪口を言うのはやめて欲しいです。なぜなら、それはあなたの認識で、個人での思い込みかもしれません。「前の会社が悪い」というよりは、「前の会社と合わない」といったほうが筋です。

3.3.2 笑顔のパワーをフル活用

「笑顔」は特殊な力がある。人にポジティブな姿勢を示すと、相手も好意的な行動を返してくる。

笑顔で相手に伝える第一印象を制する

面接のときに、笑顔で応答すれば、自然にコミュニケーションをいい雰囲気に運んでいきます。面接官も人間だから、こちらの笑顔に対して、仮に何かミスがあるとしても、笑顔のあなたを見て、怒ることが難しくなります。場合によっては、助けてくれることもあります。

勿論、真意の笑顔でなければなりません。誰でも偽りの笑顔が嫌でしょう。

3.3.3 自信と情熱を示す

面接の事前準備は大事ですが、本番の時に熱意を込めて臨むことをお勧めします。

応募者の熱意は実は企業側では非常に重視しています。理由は単純です

「熱意がない人は本当にうちの会社に入りたいか?」

「面接の時すら熱意がないから、入ったら仕事に取り組むことができるか?」

こういう疑問を面接官にもたらすと、転職がうまくいくわけがないのは想像しやすいでしょう。

自信を示すことは面接時に欠かせない一つの要素です。20代の若手社員に対して、期待しているのは豊富な経験より

「上に目指す志」です。自信がない人はモチベーションがないと見られて、将来の成長も期待できないと考えられます。未経験がIT業界に転職できるのは「ポテンシャル採用」の部分もあります。そうすると自信がないと判断されたら、IT業界への転職が難しくなります。

自信のある人は周囲の頼りになります。この人がいると心強いと思われる人はいつの時代も重宝されます。

4 未経験向けエンジニア転職に役立つサイト

転職ドラフト

特長

  1. 審査に通過した厳選150社が参加
  2. オンライン・無料・無制限のレジュメ作成サポート。
  3. コピペ・一括スカウト完全禁止。本気のスカウト”だけ”が届きます。
  4. 現年収非公開で転職が可能。
  5. スカウト時点で内定年収を提示

クラウドリンク

エンジニア転職なら100%自社内開発求人に強い

クラウドリンクの強み

  1. 100%自社内開発求人に強い SEの転職上位理由にある”100%自社内開発”を実現できる強みを持つ
  2. 審査基準をクリアした非公開求人多数 年収、休日数、労働環境等クラウドリンクが審査し、通過した優良求人情報のみを案内
  3. 専任アドバイザーが転職希望者に求人情報を紹介。
  4. 99%以上の利用者に対して電話やWebオンラインツール等を利用した 遠隔でのサポートを実施している