【前編】コンバージョン率を高める方法

コンバージョン率とはWebサイトにアクセスしてくれた訪問者の中に、サイト内で商品を購入したり、サービスを申し込んだりする訪問者がどのくらいある?という指標です。

通常はパーセンテージで表し、略してCVRとも言います。

なかなか訪問者を集めるのが難しい中に、せっかく見てくれたユーザーに対して、効率よくサイト内で紹介した商品とサービスに興味を持って貰えるかはWeb広告担当者にとって、非常に大事な仕事ですね。

コンテンツ率を高めるには

色々勉強と調査した結果、コンバージョン率を高めるには下記の方法があります。

  1. ターゲットキーワードを最重要視する
  2. コンテンツ内容とタイトルは終始一貫する
  3. 決して売り込みしない
  4. ユーザーに商品・サービスを使うメリットを提示する
  5. 紹介した商品数は3つまで、多くても5つまで
  6. 成果地点が低い案件を選ぶ
  7. コンテンツを見やすく、言葉を分かりやすくする

順番に解説します。

1、ターゲットキーワードを最重要視する

念を押して言います。

どんなキーワードを狙うかは非常に重要です。思った以上に重要です。

記事はタイトルから始まるもので、タイトル作成は狙ったキーワードによって構成されます。

よって、書いた記事が狙ったキーワードによって大きく変わります。

ここで言いたいのはビッグキーワードを狙って、記事を書いても、残念ながら上位表示できず、無駄になります。

グーグルアルゴリズムの更新もあり、大企業も参戦している現状では、

般的な個人でビッグキーワードで勝負をかけるのは無謀とも言えます。

ほとんどのビッグキーワードは既に強豪がたくさんいるから、飽和状態になっています。

ブログの初心者、個人ブロガーでは勝てる見込みがないです。

個人ブログはランチェスター戦略を使い、ニッチな分野を狙うべきです。

2,コンテンツ内容とタイトルは終始一貫する

ユーザーがキーワードでグーグル検索して、検索結果一覧の中から、

記事タイトルを見て、記事コンテンツに至った経緯ですね。

であれば、せっかく見つかった記事内容を見たら、タイトルとズレがあったら、

ユーザーはどう思いますか?

騙されたとは思わなくても、がっかりする気持ちは想像しやすいでしょう。

ウェブサイトの訪問者は最初から自分が持っている悩み、解決したい問題があったからこそ、ネット調査を行ったわけです。

言い換えれば、ユーザーは記事タイトルを見て、その記事から彼らの悩みを解決できるヒントを見つけると信じて、記事をクリックした。

コンテンツ内容とタイトルが合致しないと、ユーザーはすぐ離脱するから、

結局検索エンジンにマイナス評価され、サイトの信用が落ちて、順位表示も下がります。

ユーザーの支持を得られるためには、彼らの要望に忠実に応える他にない

3,決して売り込みしない

質問:売り込みされたら、どんな気持ちですか?

嫌に決まっているでしょう

誰でも売り込みされたくないですね!

でも、世の中にけっこう売り込みをやっている人がいます。

要は、相手のことを考えていない、自分が売りたいものを一生懸命売り込もうとする

事実、売り込みは逆効果

誰も自分の意志で買いたいものを買う

どんなに商品をアピールしても、ユーザーはそう感じない限り、購入することはありません。

押し売りされたら、いやな気持が生じ、購入意欲がなくなります。

我々できるのは商品の良さを分かりやすく説明するだけ

その以上はできないと肝に銘じるべきです。

買うか、買わないかは消費者自身の判断に任せましょう

4,ユーザーに商品・サービスを使うメリットを提示する

ブログをやっている人はよくある一つのパターンは記事コンテンツに大量の商品宣伝文章を埋めること。

もちろん、商品をより詳しくユーザーに紹介すべきではありますが、

あくまでもユーザー目線で説明しなければ、共感を得られない。

その商品自体は素晴らしいですが、

ユーザーの関心事は自分に何の具体的なベネフィットをもたらすか?

ユーザーが知りたいのはその商品を使うことで、自分の持つ悩みを解決できるか?

という2点を忘れないようしてください。

ここで重要なのは

記事を書く前にターゲットユーザーを十分に把握すること

どんな悩みを持つか?どんな課題を解決したいかを明確にしてから、的を射る

目的を明確しないと、記事内容が軸を失い、ただの文字並べではユーザーがすぐ離脱しますね。

且つ、ユーザ悩みに対する対策を目立つように書きましょう。